近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 視力回復の目の体操法〜簡単な眼筋トレーニング

視力回復の目の体操法〜簡単な眼筋トレーニング

視力回復の目の体操法は、とても簡単です。
自宅で誰でも間単に、しかも無料でできる視力回復トレーニングです。

トレーニングといっても、そんなに堅苦しいものではなく、通常、近視改善訓練の準備体操としても行なわれていたりします。

視力回復に効く目の体操として、まずおすすめなのは、目をあちこち動かす眼球運動でしょう。まずは眼筋ストレッチです。

眼筋ストレッチングは、上下左右に目をゆっくり移動させて、外眼筋を伸ばしていきます。けっして無理はしないようにしましょう。

止めずに移動する方法と、10秒くらい静止する方法があります。静止する視力回復の目の体操としては、指をたてると目標物ができるので、目の筋肉を伸ばしやすくなります。たとえば目を向ける方向に親指を立てて、それを見るようにすれば、グッと自然に目の筋肉が伸ばされるわけですね。

実際に視力回復の目の体操を実施して、目の筋肉が伸ばされていると、そのような実感があります。これはほかの体の柔軟体操と一緒です。痛いほど伸ばすと逆効果で、気持ちいいという程度でとどめます。

このほか視力回復のための目の体操法として、視点移動法があります。たとえばパソコンの四隅を対角線上に視線で結ぶのです。疲れ目解消が目的なら、それほど速く動かさなくてもいいでしょう。

以上は外眼筋の目の体操法でしたが、毛様体筋の運動もあります。これは目の前に人差し指を立て、窓から見える外の風景の一点と交互に見比べる遠近体操法です。

この視力回復の目の体操法をすると、毛様体筋が緊張と弛緩をくり返すため、水晶体を薄くできるようになり、ピントフリーズ現象を解除できます。つまり遠くにピントが合ってくるようになります。

近くを長時間見て目を酷使したあとは、単に遠くを見るだけではなく、このように視力回復の目の体操をして、積極的に目の筋肉のコリをほぐすといいでしょう。

近視回復の方法とは?一覧