近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 寝ている間に視力回復できる近視改善法〜オルソケラトロジー

寝ている間に視力回復できる近視改善法〜オルソケラトロジー

寝ている間に視力回復できる、夢のような近視改善治療法があります。これをオルソケラトロジーといいます。その進化形がオサートです。視力回復コンタクトと言ったりもします。

寝ている間に視力を回復できれば、日中の昼間は、ずっと裸眼で快適にすごせることになります。どうして、このようなことが可能なのでしょうか?

オルソケラトロジーの原理は、睡眠中に特殊な形状をしたハードコンタクトレンズを装用し続けます。ちょうど睡眠時間分が経過すると、硬いコンタクトレンズ(オルソkレンズ)が柔らかい角膜を変形させます。すると角膜の凸レンズ効果が弱まって、目の屈折力も弱くなるのです。

近視は屈折力が強いわけですから、これによって網膜上にきちんと焦点を結んで、遠くが明瞭に見えてくるわけですね。たったこれだけのことが、寝ている間に視力回復できる理由です。

とはいっても、オルソケラトロジーにはいくつかの問題点もあります。まず、たいてい一日もすると、角膜がもとの形に戻ってくるので、視力も低下するということです。そのためその晩、再度コンタクトレンズを着用して眠らなければ、角膜の形を維持することができません。こういった作業を、毎晩かならず行なうわけです。

イメージとしては、通常のコンタクトレンズと、装用する時間が昼夜逆転しているだけといえます。ふつうの使い捨てコンタクトレンズなどでは、昼間にレンズを装用して、夜寝る前にコンタクトを外して裸眼で睡眠に入ります。オルソケラトロジーやオサートでは、その逆なわけですね。

オルソケラトロジーは寝ている間に視力回復できるというイメージがありますが、本当に目が回復するわけではありません。厳密にいうと、視力の矯正です。これはメガネやコンタクトレンズ、レーザーを照射するレーシック手術などと同様の原理です。つまり目のなかは近眼のままなわけです。

そのため寝ている間に視力回復できるといって、気を許してしまうと、目のメンテナンスがおろそかになり、将来、眼病を誘発してしまう危険性があります。目が悪いという自覚があると、目を酷使しないように注意したり、目にいい栄養素(ブルーベリー、ルテイン)などを摂取しようとするものですが、目が治ったと勘違いすると、そういった心がけがなくなってしまうのです。

近視の眼は、眼球が長いために網膜が引き伸ばされています。そのため網膜が薄く、網膜裂孔や網膜剥離の危険性があります。そのほか緑内障、黄斑変性症、白内障などの目の病気にも注意しなければなりません。

しかし寝ている間に視力が回復するというイメージがあるオルソケラトロジーで治療していても、視力の強制という自覚があれば、目のメンテナンスは自然に実行するものです。

たとえば目のツボ指圧、強いまばたきなどで目の血行をよくしたり、眼筋トレーニングなどの視力回復トレーニングに励んだりするわけです。またはルテインやブルーベリーやビタミンCが含まれている柿の葉茶を飲んでみたりしますよね?

結局寝ている間に視力回復という表現は、誤解を招きやすく、正確には視力矯正であるということです。その自覚があれば、目のメンテナンスをするために、眼病を予防できるわけです。

近視回復の方法とは?一覧