近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 近視は治るのでしょうか?〜視力回復の可能性はあります!

近視は治るのでしょうか?〜視力回復の可能性はあります!

近視は治るのか、といえば、治るものだといえます。

それは東京視力回復センターをはじめ、いろいろな視力回復の施設の経営が成り立っていることでも、わかるでしょう。もし近視が治ることがないのだとしたら、こういったセンターはすぐにつぶれてしまうはずですよね?

近視といっても、段階があります。
まず近視の手前の仮性近視は治るのか、といわれれば、必ず100パーセント治ります。これは誰も異論がないだろうと思います。

視力回復に否定的な眼科医でさえも、仮性近視を治すために、目薬を処方してくれます。これはミドリンやミオピン、サンドールといった散瞳薬という目薬です。この点眼によって、仮性近視が治ることがあるのです。しかし現実的には、あまり当てにしないほうがいいといわれています。効果がないことのほうが多いからです。

仮性近視程度なら、目に蒸しタオルを当てたり、目のツボを指圧してやれば、すぐに近視は治るものです。ここで眼科医に勧められたからといって、すぐにメガネを掛けてしまうと、子供の場合は、急激に視力が低下していきます。要注意です。

仮性近視を放置したり、気づかないでいると、本物の真性近視になります。まず屈折性近視になり、角膜が突出します。これも放置して、手をうたないでいると、軸性近視に移行することに。

屈折性近視は治る範囲です。
たとえば遠くと近くを交互に見比べる遠近体操法を繰り返すと、水晶体を薄くできるようになり、屈折性近視は治る、というか改善していきます。ある程度までなら視力がアップするわけですね。

ところが問題は最終段階の軸性近視です。
軸性近視が治るのか、といえば、なかなか前例がないのでなんともいえません。眼科医なら、何を馬鹿なことを!となるでしょうが。

視力回復に励むものとしては、ここは希望を持っておきたいわけです。巷にあるいろいろな近視改善の方法を総合して考察してみると、軸性近視も治る可能性が残されているといえます。

それは外眼筋が鍵を握っています。
近視の眼は眼筋が弱体化したために、眼球が眼圧に負けてしまって、眼軸が伸びたという考えがあります。こうなると、眼筋トレーニングで筋肉を強化すれば、4本の直筋が眼球を手前にひきつけて、眼球の形を戻してくれるはずです。

あるいは、眼筋が緊張を起こすと、斜筋が眼球の腹をよこから締め付けるために、眼球が伸びるという一見逆の発想をする考え方もあります。一方は運動不足、もういっぽうは不要な緊張がある、というわけですね。

結局、近視は治るのか?と問われれば、近視は治る可能性がある、としか答えようがないのです。

近視回復の方法とは?一覧