近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 自動車免許の視力は?〜更新時の視力検査の条件

自動車免許の視力は?〜更新時の視力検査の条件

自動車免許の視力は、どのような条件になっているのでしょうか?

車の普通免許で必要な視力は、両目で視力0.7となっています。ふつう両目の視力は、片目で見るよりも視力が向上するものですから、片目の視力の条件はもっと低くなります。

自動車免許の視力は、片目でそれぞれ視力0.3になります。
つまり左右それぞれの目で視力0.3以上、両目の視力で0.7以上が運転免許証の更新に必要な視力となります。

片目が視力0.3以下の場合、もう片方の目の視力が0.7以上で、視野が左右150度以上あれば、審査には通過します。極端ながちゃ目(不同視)であっても、片目がすぐれていれば、自動車免許の視力検査にはパスするわけですね。

この場合、片目が失明していても、もう片方が規定の視力と視野を持っていれば、車を運転できます。

もちろん以上のことは、裸眼視力だけではなく、メガネやコンタクトレンズを装用した矯正視力であってもOKです。この場合、運転免許証の「条件等」の欄に「眼鏡等」の記述がされます。

ちなみに原付免許では、少し基準がゆるく、左右で視力0.5以上(もちろん矯正視力でもOK)になります。この場合、左右の視力は問いません。ただし片目が見えない人は、もう片方の視力で視力0.5以上、かつ左右方向の視野が150度以上必要です。

大型免許になると、厳しさが増します。たとえば両目で視力0.8、片目で視力0.5以上などです。

新制度の中型免許になると、深視力の検査も必要になります。これは普通の視力検査と同様に、自動車免許の視力として大切なものです。

深視力とは遠近感、立体感のことです。
車を運転するときには、前の車との車間距離など、遠近感がとても大切になってくるわけですね。

自動車免許の視力検査に通るためには、矯正視力で両目で0.7以上なければなりません。もし近視の度が進んでいる人は、眼鏡レンズを買い換える必要があります。

そのため経済的な負担から、運転免許更新の時期になると憂鬱になって悩む人もいるかもしれません。まさか自動車免許の視力検査に通るためだけに、レーザー治療であるレーシック手術を受けようなんて人はいませんよね?

メガネレンズの度を上げる以外には、今の低下した視力を視力回復トレーニングによって、視力アップさせるという選択肢もあります。近視の改善は、眼筋トレーニングによって可能になります。

近視回復の方法とは?一覧