近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 近視の視力回復トレーニング法とは?〜目の筋肉が大事

近視の視力回復トレーニング法とは?〜目の筋肉が大事

近視の視力回復トレーニング法には、どのような種類があるのでしょうか?

巷には、視力回復の本、グッズ、機械などがあふれています。視力の本では、立体視ができるマジカルアイ。これは3Dのきれいな画像が見れるものです。しかし、これは近視改善効果は弱いといえるでしょう。仮性近視や疲れ目対策ならいいかもしれません。

視力回復グッズには、有名なものに穴がたくさんあいたピンホールメガネがあります。ピンホールアイマスクとか視力アップアイグラスということもあります。これも目を休めるにはいいでしょう。しかし、視力0.01というような強度の近視の視力を回復させるトレーニング法とはいえません。

視力回復機には、覗くだけで視力回復トレーニングができるものが多いですね。たとえばスーパービジョン、ビジョンブライト、メガトレ、アイトレーナー。超音波治療器で言えば、昔のフタワソニック、そしてソニマック、アイパワー、ミオピアがあります。

しかし、こういった視力の器械で目が治ったという話は聞いたことがありません。これも近視の視力回復トレーニング法としては、不十分です。

こういったさまざまな視力回復の書籍や器具、情報があふれるなかで、どれが効果的な近視の視力回復トレーニングなのでしょうか?

じつは、近視の視力回復トレーニング法として、効果的なエクササイズは、ある程度、決まっています。大きく二つあり、毛様体筋トレーニングと眼筋トレーニングです。

毛様体筋の訓練は、遠近調節を司っている毛様体筋を強化したり、緊張をとくための近視の視力回復トレーニングです。これは仮性近視の段階や、子供の視力アップに有効です。強度の近視には、適しません。老眼に対しても有効であるといわれています。

もういっぽうの眼筋トレーニングとは、外眼筋のトレーニングです。目を運動させることによって、外眼筋を鍛える方法が主流です。

東京視力回復センターでは、前者の毛様体筋の近視の視力回復トレーニングを採用しています。ちなみに当センターでは、超音波治療器ソニマックも併用しています。

近視アスレチックの眼育とか視快研とかは、はたから見るかぎりでは、この両方の近視の視力回復トレーニング法を採用しているようです。

そのほか脳の力を高めて、視力をアップしようというアプローチの方法もあります。虹彩筋をトレーニングする方法もありますが、これは視力にはあまり関係ありません。

結局、真に有効な近視の視力回復トレーニング法は、市販の視力の本だとか機械、グッズには答えはないわけです。視力回復の専門家やインストラクターの「指導の元」、提供されていることがほとんどです。

前述したような視力回復センターなどですね。
あともうひとつ、そういった視力回復の施設や専門家は、インターネット上で、視力回復のマニュアルを提供しています。これなら、自宅で簡単に近視の視力回復トレーニングに励むことが可能です。

視力回復センターに通うような感じで、何か疑問点があれば、メールで質問ができるので安心です。web上の通信指導・通信教育といえますね。

近視回復の方法とは?一覧