近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

サイトトップ > 視力回復を自宅で行なう方法とは?〜毎日、簡単に無料でできる

視力回復を自宅で行なう方法とは?〜毎日、簡単に無料でできる

視力回復を自宅で簡単に、しかもほとんど無料で行なう方法はないでしょうか?

これを完全に実行しようとすると、人づてに近視改善法を教わるとかしかないでしょう。インターネットで検索するにしても電気代や通信費はかかるので、初期投資は大切です。

本屋には、3Dの立体視用のマジカルアイとか、いろいろな視力回復の本があふれています。これらを購入しても、たいして視力は向上しないのではないでしょうか?おそらくその先の、視力回復センターへ入会するための案内書みたいな役割でしょう。

それでは、視力回復をあきらめてレーザー治療であるレーシック手術などを受けるしかないのかといえば、いやな人はいやですよね。どうしてもレーシックの後遺症や合併症が気になりますし、どうしても視力回復を自宅で行ないたいものですよね。

ピンホールメガネという視力回復グッズもあります。
眼鏡にあいた穴から景色を見ると、よく見えて、目の疲れも解消できるという視力回復アイテムです。これで視力が向上した人なんて、聞いたことがありません。せいぜい仮性近視が治る程度でしょう。

そのほか視力回復を自宅で行なう方法としては、視力回復機を販売しているサイトで購入する選択肢があります。たとえばスーパービジョン、アイトレーナー、ビジョンブライト、メガトレ、Dr.Rexなどなど。

超音波治療器ではソニマック、アイパワー、ミオピア(昔でいうとフタワソニックでしょうか)があります。しかし、これらは仮性近視において毛様体筋のこりや緊張をほぐしたり、老眼に効果があるかもしれませんが、ある程度進んだ近眼や遠視、乱視、ましてや軸性近視には、ほとんど効果はないでしょう。

視力回復を自宅で行なうには、肩肘をはらなくてよいのです。
身近なものを使えば、OKです。たとえば文字の書いてある鉛筆の文字と壁の文字を交互に3秒くらいずつ見比べるだけでも、毛様体筋のトレーニングになります。

目をあちこち動かすだけでも、外眼筋のトレーニングになります。部屋のなかのいろんなものに、つぎつぎに視点を移動させるのです。パソコンの四隅を視線で結んでもいいでしょう。

しかし視力回復を自宅で行なおうとすると、どうしても正しく実践できているのかと不安になりますよね?また、孤独で単調なため、どうしても視力回復トレーニングを持続できないことも多いかもしれません。

インターネット上には、視力回復に精通した専門家が執筆したマニュアルが公開されています。こういった自宅でできる視力回復法の秘訣を学べば、正しく視力の訓練を行なうことができます。

また疑問点があれば、専門のインストラクターに質問できますし、親切に答えてくれます。これによって近視改善トレーニングが孤独ではなくなり、視力回復を自宅で続けていくことが可能になります。

近視回復の方法とは?一覧