近視の改善・研究所

近視の改善法、視力回復トレーニングの方法、ポイントなどを解説しています。

近視の改善法を解説!

「近視の改善・研究所」へようこそ!

当サイトでは、近視・近眼の視力回復方法を幅広く解説しています。

メガネやコンタクトレンズ、オルソケラトロジー、レーシック手術などのレーザー角膜屈折矯正手術は、すべて眼科の視力矯正です。真に近視が改善するわけではありません。

しかし、本人が快適に生活できるのであれば、近視が改善したと見ることもできるでしょう。この場合、目の内部では、いぜんとして軸性近視であり、網膜が薄くなっているという自覚が必要です。

近視の改善法として、だれもが考える手段が視力回復トレーニングや訓練法でしょう。これは眼科では否定的で、いわゆる民間療法の範ちゅうです。

とはいっても東京視力回復センターやいろいろな視力の施設では、子供から大人まで、急激な視力低下をふせぎ、徐々にですが視力アップに成功しているという現実があります。

近視の改善は、科学的に実証されているわけではありませんが、実際に視力が改善されている一事をもって、効果があると断言できます。

近視の改善には、眼筋トレーニング、目の血行をよくして目の疲れを解消する、視力回復サプリメントを摂取する、ときには3Dの立体視(マジカルアイ)やピンホールメガネを使用するなど、幅広く、並行して行なうと、相乗効果が期待できます。

近視といっても、さまざまで、まずは仮性近視から始まります。これは偽近視、調節緊張といって、近視の一歩手前の状態。この段階で近視を改善することが、子供の視力回復のポイントになります。

なぜなら、子供の視力低下は急激に進み、春の学校検眼の検眼通知書でB判定をもらっても、翌年にはCランクはもちろん、D判定ということもあり得るのです。

仮性近視を放置していると、眼球が変形しだし、屈折性近視から、最終段階の軸性近視へと進行していきます。視力の低下は急激に進むという特徴があります。この極みが視力0.01などの強度の近視です。

当サイトが、みなさまの近視改善にお役に立てれば幸いです。

>> あなたの視力を回復させる方法はこちら
子供用の視力回復教材はこちら

視力改善を目指そう! 視力 アップ 視力が良くなる方法 視力0.1以下からの回復 強度近視と失明の関係

近視を改善するためのコンテンツ